豊橋=監視社会

コカ・コーラセントラルジャパン(横浜市)が愛知県警と協力して開発した110番通報機能付きの「おたすけ自動販売機」が10日、同県豊橋市岩田町の岩田運動公園に全国で初めて設置され、試験運用を始めた。

自販機は同社が地域貢献活動の一環として開発。飲料の取り出し口上部にある扉を開けると受話器があり、通報ボタンを押すと警察につながる。通報時には防犯ブザー音とともに赤色回転灯が光るほか、24時間録画機能付きの防犯カメラも備える。不審者による声掛け事案の届け出が8月末時点で愛知県内の警察署管内で最も多い豊橋市が試験運用の場に選ばれた。

この日の運用開始式には、石原八朗署長はじめ豊橋署員や同社社員、地元の防犯ボランティアら100人が参加。同社の河合幸夫営業本部長(62)が「犯罪の抑止力になることを期待します」とあいさつ。ひったくりを想定した通報の実演もあった。

県警によると、豊橋での試験結果を見ながら、同社と今後の増設を検討するという。

5-1

3-1 3-2 3-3 3-4 3-5

2 1.5 1 1-2 1-3 1-4 1-5

監視社会を拒否する会

愛知県警豊橋署は28日、110番直通電話やカメラを内蔵した防犯機能付きの飲料水自動販売機を壊したとして器物損壊容疑で、トラック運転手の少年(19)=同県高浜市=を現行犯逮捕した。同署によると少年は「駅や自転車置き場の監視カメラに反感を持っていた」と供述している。

逮捕容疑は、28日午前1時15分ごろ、同県豊橋市岩田町の岩田運動公園内に置かれている自販機のセンサーライトを、ハンマーでたたいて壊した疑い。張り込んでいた同署員が取り押さえた。

この自販機は、県警と横浜市の清涼飲料水メーカーが「おたすけ自動販売機」の名称で共同開発。近づくと防犯カメラが自動的に周囲の状況を録画、ボタンを押すだけで110番できる機能が内蔵されている。昨年10月に全国で初めて設置されたが、「監視反対」との落書きや配線切断などが相次ぎ、破壊されたのは今回で5度目。

同署によると、少年は「すべて自分がやった。別のカメラも壊したことがある」などと供述しており、同署が裏付け捜査している。

![afterall] (http://16.media.tumblr.com/KpyAGjxPZp9hq7oww5YmPiiCo1_400.jpg)

t-shirt

changed June 27, 2010 delete history edit